認定看護師になるには大変?ハードルが高すぎる?

pixta_5818991_m

★認定看護師とは…

日本看護協会が策定した資格認定制度の資格の一つになります。看護の特定の分野において、熟練した看護技術、また知識を用いて、水準の高い看護が実践できる看護師のことを言います。高度化かつ専門分化が進む医療現場においての看護ケアの広がりを求め、看護のよりよい質の向上を目的とした資格です。

★認定看護師は21分野に分かれている。

diagram of distribution drawn by hand isolated on blackboard

diagram of distribution drawn by hand isolated on blackboard


認定看護師は、救急看護、皮膚・排泄(はいせつ)ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、がん性疼痛(とうつう)看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護護、新生児集中ケア、透析看護、手術看護、乳がん看護、摂食・嚥下(えんげ)障害看護、小児救急看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、がん放射線療法看護、慢性呼吸器疾患看護、慢性心不全看護の21分野に分かれています。専門看護師と同様に様々な看護分野にわかれ、より高度な看護を求められるようになっています。

★認定看護師はハードルが高い!?様々な条件が必要になる

pixta_16461508_m
認定看護師の資格取得には実はとてもハードルが高いのをご存じでしょうか。取得したいと思ってもすぐとれるものでもありません。認定看護師免許取得には、①看護師免許の保有 ②看護師免許の実務経験が5年以上必要(※うち3年以上は専門分野での看護経験が必要。また、期間は「連続」でなくて「通算」でOK!) ③
「認定看護師教育課程」で半年間学び、「認定看護師認定審査」の受験資格を手に入れている ④「認定看護師認定審査」に合格。の条件が必要になってきます。読んだだけで、気が遠くなりそうですね。ですが、もし晴れて認定看護師となれば、色々なメリットもあるので努力した分いいこともあるかもしれません。

★取得できる学校は全国にある。

認定看護師の学校は、教育期間・授業時間数・教育カリキュラムが日本看護協会により定められています。
教育期間:・6カ月以上 ・原則として連続した日中の教育であること。
授業時間数:・総授業時間数は、615時間以上(学校により異なってくる) ・共通科目は105時間以上
・専門基礎科目と専門科目は時間規定なし ・学内演習および臨地実習は200時間以上
教育カリキュラム:21分野ごとの教育カリキュラムに沿って学習していく
免許を取得する学校に入るまでもとても大変ですが、学校に入ったあともとても様々な規定があり、認定看護師取得までは本当に大変な道のりが続いています。

★その認定看護師の学校の特徴や違いはある?

認定看護師の学校の特徴・違いとしては、全国に点在していることです。認定看護師の学校は数が少なく、目指す分野の学校が全国で1ヶ所しかない場合や、住んでいるところからとても遠くて行けない場合も多くあります。認定看護師の学校の場合、看護学校を目指した時と違い、学校を自由に選択できず、限られた数の中から自分にとっていい学校を選ぶと思ったほうがいいでしょう。次に、全国各地にある認定看護師の学校は、すべて定員制になっています。学校により定員数はバラバラですが、大体1課程15人~30人程度の為、どの学校に入る場合も受験が必須となってきます。最後に、学校ごとに違いや特色があります。同じ分野であれば、授業内容はほとんど差がなく、無事に終わると修了証をもらうことができます。ですが最終目的は同じでも、学校ごとに違いがあります。違いとして、開講する時期・開講する期間・昼間集中型か、週末分散型・受験方法・入学試験料、入学料、授業料などの費用・授業内容、授業時間数などがあげられます。もしこれから認定看護師を目指し考えている人は、学校を選ぶ際にも目指す分野の情報収集をしっかりと行ったほうが、あとあと後悔することもないかと思います。

★認定看護師免許は永久ではない。必ず5年ごとの更新審査が必要。

pixta_13992886_m
認定看護師の免許取得後は、必ず5年ごとの更新審査が必要になってきます。その要件は、・日本国の看護師免許を有すること。・申請時において、認定看護師であること。・申請時において、過去5年間に下記の看護実践と自己研鑚の実績があること。・看護実践時間が2,000時間以上に達していること。・制度委員会で定めた学会及び研究会等への参加や発表、または雑誌発表等の研修実績及び研究業績等が規定の内容で50点以上に達していること。が必要条件になってきます。一度免許を取得したからといって安心ではなく、常日頃から取得した分野の認定看護師として従事し、日々変化していく医療現場において知識・技術を磨いて5年毎の更新に備えていかなければいけませんね。

★免許取得後の給料の変化あり。なし。

pixta_22098744_m
認定看護師の免許取得後の給料は、日本看護協会の調査においては約半数以上の人が昇格や昇給、資格手当なしとの結果になっているようでした。となると、認定看護師になったからといって必ずしも給料があがるとは限らないようですね。手当がついた場合でも、3000円~20000円程度となって平均9773円との結果でした。認定看護師を目指す人は、給料アップだけが目的の人には向いていないかもしれません。看護に対する情熱や熱意がある人が、やりがい・魅力をもって目指している資格だと思います。ぜひ認定看護師を考えた際は、自分がなぜなりたいのかの理由や目的を考えてみるのもとても大切なのかもしれませんね。

関連記事

  1. pixta_23382926_m

    通信制の看護に変化あり!実務経験5年?7年?10年?

  2. pixta_27105715_M

    看護師に必要なアイテムって?どんなもの?新人からベテランまで

  3. pixta_17849451_m

    就職にはとても重要!看護師の履歴書の書き方とは??

  4. pixta_2646430_m

    名前が変わった!看護師免許の変更はどうすればいいの??

  5. pixta_12743646_m

    看護師ってどうしたらなれるの!?難しい??

  6. pixta_10018949_M

    看護師の面接はどんなことが聞かれる?注意する点とは?

  7. pixta_20267363_m

    近年増加!看護師を目指す社会人!

  8. pixta_20267323_m

    専門看護師になるには!どうすればいいの?

  9. pixta_16089586_m

    厚生労働省看護師国家試験!毎年どのように行われている!?

人気記事

  1. pixta_22222225_m
  2. pixta_20267363_m
  3. pixta_23463483_M
  4. pixta_19696608_m
  5. pixta_16089586_m
  6. pixta_12313792_m
  7. pixta_25897428_m
  8. pixta_17849451_m
  9. 円グラフ
  10. pixta_10018949_M

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP