看護師ってどうしたらなれるの!?難しい??

pixta_12743646_m

★看護師ってなんだろう

看護師とは、医師の指示の下に患者の診療の補助をしたり、患者が入院生活を過ごしやすいように、日常生活の援助を行ったり、看護を行う職業のことをいいます。医療チームの一員として、専門的な知識、技術に基づいて患者をケアしていきます。病院内においては、医師よりも看護師の方が、患者と接する時間が最も多いといえます。患者さんの体と心の両面をサポートし、医療行為を行いやすい最適な環境をつくり、ケアを提供していきます。看護師の仕事は、医療に携わる様々な専門職の中で、最も奥が深く、喜びを得ることが多い職業と言われています。

★看護師になるには。どうしたらなれるの?
看護師になるには、文部科学省指定の学校か厚生労働大臣指定の看護師養成所を卒業し、看護師国家試験に合格することが必要になってきます。看護師になるための学校は4年制大学、3年制の短大・専門学校・看護師学校があります。看護師には、人間を幅広く理解する能力や根拠に基づいた計画的に看護を実践する能力、他職種との連携・協働していく能力などが求められるため、看護師免許を取得する前の教育においては、これらの様々な能力を培うための教育が行われていきます。

★看護師資格を取るには年齢制限ってある?

pixta_14521342_m
結論で言えば、看護師の資格を取ること自体には年齢の『上限』は特にありません。
看護師試験の受験の下限はあります。何歳からでも受験できるというわけはありません。必ず最短で2年制の看護学校を卒業(見込含む)してから国家試験を受験するよう義務付けられており、この看護学校は高校卒業後に入学するのが一般的ですので、一番早くても国家試験を受けることができる年齢は20歳からということになっています。逆に、看護師試験を受験するには、何歳までという上限はありません。そのため看護学校では、10代から上は60代までと幅広い年代の方が学んでいます。しかし、看護学校の勉強はかなりハードできついと言われており、学科はもちろんのこと、分野別の実習においてもとてもボリュームがあります。そのため、頭脳的・体力的に年齢を重ねている人にとっては厳しい道になっていくことには間違いありません。もともと入学試験自体もハードルが高く、高卒で看護学校を受験する人でも落ちてしまう人はたくさんいるというのが現状です。看護師になるまではたくさんの道を乗り越えていかなければいけないですね。

★仕事しながらでも免許はとれる?
正看護師の免許を取る際には、仕事しながらの免許取得は大変厳しいかと思います。看護大学や准看護師免許取得後の2年生看護学校であれば少し余裕はあるかもしれません。ですが、三年生の専門学校・短期大学となると一年目は学科の勉強、学年があがることにより実習やレボートの量は増え、三年目には国家試験に対しての受験対策や入職するための就活など、幅広く活動していかなければいけないため、仕事をして収入をしっかりと得ることは難しいはずです。できないこともないかもしれませんが、心身ともにかなりの負担がかかることは間違いないでしょう。看護師免許を取るには長い時間はかからないはずです。あっという間にすぎていくので、その間協力してくれる人や、周囲の力を借りながらぜひ目指してもらいたいものです。

★免許をとるなら、大学?専門学校?

pixta_22523528_m
日本全国には、看護専門学校はじめ看護大学までと幅広く看護師免許がとれる機関が充実しています。それでは、専門学校と大学では看護師免許を取る際に何が変わってくるのでしょう。
それは、カリキュラムが大きな違いになっています。看護大学においては、日本の今後において、さらに高度化・多様化していくと考えられる医療に柔軟に対応する為、患者状況をしっかりと把握し、それに対応するための判断力・実践力を養うカリキュラムになっています。また、一般教養科目が充実しているのも特徴です。4年間学ぶからこそ、幅広い分野を細かく学ぶことができ、さらに大学院に進学し、看護の分野を学び続けることもできます。看護専門学校においては、3年制で学習時間の3分の1が看護実習と言われるほど、とても実習が多くなっていることがカリキュラムの特徴になっているといえます。実際の現場に出向き、実習をより多く経験できることは、学校を卒業してからの病院などの医療現場において働き始めた際、看護師としての即戦力になれるという強みがあります。
専門学校においては、看護大学よりも学費が安い傾向にあります。三年間であるため、大体大学の約10分の1の学費ですむ看護学校もあります。学費を抑えたい、現場に早くでて働きたいとの思いがあれば専門学校を選択するのがよいのではないかと思います。

★看護師の通信って何?

pixta_22014856_m
たまに聞く、看護師の通信ってなんだろう?と思うひともいるかもしれません。通信で看護師の免許が取れるの?と思いがちですが、残念ながら一般の人が通信だけで看護師免許を取得することができません。看護師になるための通信とは、すでに准看護師免許を取得し、臨床において准看護師として10年以上の業務を従事した人を対象とした通信学習を主とする課程のことを言います。准看護師として仕事をつづけながら、看護師国家資格の受験資格を得るため、必要な全科目を通信を利用し取得していきます。自宅において学習し、臨地実習を踏まえながら資格を目指していきます。学校に直接通いながらとる看護師免許と違い、仕事との両立の中でとる看護師免許はかなりの体力を使い、厳しいなかで頑張っていかなければいけないといえるでしょう。

関連記事

  1. pixta_10018949_M

    看護師の面接はどんなことが聞かれる?注意する点とは?

  2. 財布

    正看護学校にかかる費用って?学費を抑えたい時には?

  3. pixta_16089585_m

    多くの看護師が緊張した!看護師合格発表!

  4. pixta_22222225_m

    看護学校受験には必ずつきもの。志望動機の書き方って!?

  5. pixta_16089586_m

    厚生労働省看護師国家試験!毎年どのように行われている!?

  6. pixta_27105715_M

    看護師に必要なアイテムって?どんなもの?新人からベテランまで

  7. pixta_13485811_m

    准看護師って、看護師とはちがうの??

  8. pixta_5818991_m

    認定看護師になるには大変?ハードルが高すぎる?

  9. pixta_17849451_m

    就職にはとても重要!看護師の履歴書の書き方とは??

人気記事

  1. pixta_22222225_m
  2. pixta_20267363_m
  3. pixta_23463483_M
  4. pixta_19696608_m
  5. pixta_16089586_m
  6. pixta_12313792_m
  7. pixta_25897428_m
  8. 円グラフ
  9. pixta_17849451_m
  10. pixta_10018949_M

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP