病棟クラークって何??どんな役割を果たしているの?

pixta_12313792_m

★病棟クラークってどんな仕事なの?

皆さん、家族や知人が病院に入院した時、お見舞いで病棟に行くことってありますよね?そんな時、看護師とは違ったスタッフを見かけることはありませんか。病棟では、看護師だけでなく他にもたくさんのスタッフが働いているのです。医師、看護師以外にも、病棟クラーク、看護助手、介護職などその病棟だけに専属で配属されているスタッフはたくさんいます。ここでは、その中でもあまり聞きなれない病棟クラークの役割についてお話していきましょう!
〈病棟クラークとは…〉
 医療現場で働いている医師や看護師を陰ながらサポートを行っている仕事をしているスタッフのことを言います。入院施設がある大きな病院では、病棟ごとに病棟クラークが配置し、医師や看護師をはじめとした医療関係者が患者のケアに専念できるようにいろいろな仕事を行っています。
 ●業務内容と例として、
  患者の入退院受付と事務手続き
患者に院内設備や必要なものなど、入院に関する説明
入院用カルテの作成、データ管理、入院台帳や患者カードの整理
診療内容・点滴・投薬などの情報管理
医師の回診や手術、検査などのスケジュール管理
医療用物品の手配や管理
各病棟との連絡や、伝票や薬剤などのメッセンジャー
患者の病室のネームプレートの作成
面会者の応対と案内
ナースステーションでの電話応対
 病棟クラークがいること、本来であれば医療関係者が行わなければいけない部分の仕事を代わりに担ってくれるため、その分医療関係者の仕事の効率がUPし、患者により丁寧な対応やケアを行うことができるのです。
現代では、病院にはなくてはならない職業のひとつともいえるでしょう。

★病棟クラークって1日をどんな風にすごしているの?

pixta_19565185_m
 病棟クラークが行っている仕事については、なんとなく理解はできたでしょうか?では、今度はその業務内容をどんな風にこなしているのか、一日の流れを簡単に見ていきましょう!
〈1日の流れ〉
 8:15 勤務先の病院へ出勤。院内用の制服へ着替える。
8:30 始業時間。看護師や医師たちと朝の申し送りに参加。
9:00 カルテを準備したり、診療に使う器具を用意したりする。
10:30 退院する患者の手続きを行う。
11:30 伝票や必要な薬剤などのを持っていたり、持ってきたりする。
12:30 昼休憩 
14:00 入院患者の病室の準備やネームプレートの作成
14:30 入院する患者の手続きや病室への案内を行う
16:00 カルテの整理や明日の業務の確認などを行う。
17:00 退社
あくまでも例としての流れにはなりますが、たくさんの仕事を行っています。特に、病棟クラークのメインの仕事は、「入退院する患者のサポート」があります。一般的に午前中に退院する患者が多いので、病棟クラークも午前中のうち退院患者に必要な書類を渡したり、病棟で貸していたものを返却してもらったりする手続きなどに追われます。これが落ち着いたあと、今度は午後から入院する患者が来るので、そのための手続きや病室への案内を行っています。その合間に、医療関係者に依頼された仕事もこなしています。

★病棟クラークには試験や資格は必要なの?

■撮影用に作成したマークシートです。イメージです。

■撮影用に作成したマークシートです。イメージです。


病棟クラークになるのに、特定の国家資格や民間資格は必要ありません!病棟クラークは、学歴や年齢制限もないので、病院に求人が出ていればそれに応募して採用されることで誰でも病棟クラークとして働くことが可能になっています。ですが、入院患者のカルテ整理や医療器具の用意など専門的な仕事も多く含まれているので、ある程度の「医療系の知識」や「事務系のスキル」を学んだ上で、病棟クラークを目指す人が多いようですね。

★どんな知識が必要になってくる?

 病棟クラークになる人には、医療や事務の基礎知識が必要になってきます。それはどのようにして身に着ければいいのか迷う人もいるでしょう。一般的には、医療事務講座の通学や通信のコースに通って、医療事務の基礎的な知識を学んでいる人が多いようです。医療事務講座では、レセプトと言われる診療報酬の明細書の作成方法や健康保険の制度についてなど、たくさんのことが学べます。他にも、大きな病院であれば、電子カルテを導入している施設が増えてきているので、パソコンを使ってカルテやレセプトを取り扱う際の役に立つスキルを身につけることもできるようです。このような知識・スキルは、病棟クラークの仕事を行う際には必ず役に立ってくるので、学んでおくことで就職のときに有利になるケースもあります。

★どんな人がクラークに向いている!?

 病棟クラークは、裏方の事務とは違い常に病棟で仕事することが多いので、医師や看護師、その他の医療従事者、また、患者や家族、来客者との接触も自然と多くなります。そのような状況の中で仕事を行う中で、人付き合いが苦手では困りますよね…。向いている人とはどんな人でしょう?
①コミュニケーションが上手な人
②細かいところまで、きちんと気配りができる人
③事務仕事が得意で、好きな人
が向いていると言えるでしょう。きっと病棟の中で看護師よりも長くナースステーションにいて仕事を行う為、病棟の窓口にもなってくれる存在になります。きちんと患者とお話ができて、何かあれば看護師に報告してくれ、そのあとの処理まできちんと行ってくれる人が病棟クラークとしてとてもふさわしいのではないでしょうか。

関連記事

  1. pixta_21400068_m

    頭痛がなかなか治らない…頭痛外来って何??

  2. pixta_786800_m

    ホスピス・緩和ケア病棟ってどのようなところ?

  3. pixta_19696030_m

    ニュースでもよく耳にする療養病床とは

  4. pixta_19696608_m

    回復期リハビリテーション病棟が果たす役割って??

人気記事

  1. pixta_22222225_m
  2. pixta_20267363_m
  3. pixta_23463483_M
  4. pixta_19696608_m
  5. pixta_16089586_m
  6. pixta_12313792_m
  7. pixta_25897428_m
  8. 円グラフ
  9. pixta_17849451_m
  10. pixta_10018949_M

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP